好きなものと時々日常。

ミズユキのブログです

思い出と青天の霹靂

 

こんにちは、ミズユキです。

 


男は言った。
『俺の右手が電マだったらよかったのに。』


その言葉が離れてくれない。

 


私の男友達は変な奴が多い。
いや、見た目はまともだし、むしろ高学歴でちゃんとした人が多い。


しかし、だ。
私のちょうどいいブスの見た目がそうさせるのか、彼らは安心してゲスい話をしてくる。
別に体の関係があったわけではない。私もそこまでパリピではない。


どちらかというと友達が多い方だと思っているが、実際、男友達の方が話しやすい節はあった。そして、私はシモい話も応用が利くタイプである。

学生時代とか、みなさんの周りに一人ぐらい居なかっただろうか?見た目は平々凡々で、適度にお笑いサイドに立ち回れて下ネタがやたら強い女が。(私だ)


岡山で大学生をしていた頃、特に仲のいい男友達二人と私の三人でよく遊んでいた。飲み行ったり、カラオケ行ったりとても楽しい日々だった。


当時、我々の中で流行っていたのは、如何に下ネタを隠語で例えるかという遊びだった。
今思えばくっだらね〜〜〜と思うのだが、これだけで朝の4時まで土間土間で粘っていた。(迷惑な話だ)

なので、二人の好みは大体把握している。どんなセクシー女優が好きか。最近行った夜の店の話。今狙っている子の話や彼女の話、色んな話をした。


我々の間には恋愛感情というものは一切なく、あくまで大事な友達でそれは今も変わっていない。


大学四年の頃から、三人とも就活や国家試験などで忙しくなり、集まる頻度もだんだんと減っていった。

久しぶりに集まると、もうすぐ遠距離になる彼女との話や、結婚の話など年相応の真面目な人生相談になる。
そう、話題はいつしかあの時のようなくだらない話ではなくなっていた。

 


卒業後、三人とも就職でバラバラになった。
岡山、愛媛、そして私は高知へと、それぞれの地で頑張っている。


岡山で就職した友達は、放射線技師になった。結婚して、子どもができパパになっている。

 

愛媛で就職した友達は、中学の教師になった。女で燻ってはいるが、生徒からはとても人気があるらしい。

 

高知の私もまぁ、そこそこ頑張っている。

 

大切な大切な友だち。

 

 

 

 


先日の西日本豪雨
死者114人、行方不明者61人、避難者2万人以上、合わせて14府県で被災された方々がいる。

 

岡山も愛媛も高知も甚大な被害が出た。
特に先の岡山の友達は無事だったものの、周りは相当な被害だったらしい。
心配になって二人に連絡すると、すぐ大丈夫だよと返事が返ってきた。

 

大好きな岡山の地が大変な事になっているのをテレビで見て言葉を失った。
別の子だが、特に被害が大きかった広島の自治体勤めの友達からは連絡が返ってこない。(おそらく災害対応に追われている)

 

本当に人ごとではないと思った。
あんなに楽しかった思い出を、人を、一瞬で壊してしまう自然災害が本当におそろしい。
亡くなられた方のご冥福をお祈りします。