好きなものと時々日常。

ミズユキのブログです

カカシ先生に抱かれたい

こんにちは、ミズユキです。

 


一時期、夢小説にハマっていた。
タイトルとこの一文で今日のブログは終わったようなものだが、最後まで聞いて欲しい。

 

そもそも夢小説と聞いて、何のことか分かる人はどれくらいいるだろうか?
(今にやにやしているアナタは間違いなく仲間)

 

 

夢小説。
ドリーム小説ともいい、アニメや映画、三次元などのキャラクターとの恋愛を描いた二次創作のことである。
主人公はオリジナルであることが多く、好きな名前に設定することができる。
ジャンルもたくさんあり、異世界トリップ系や学園パロ系、現代パロ系など様々なものがある。


2000年代前半に、携帯小説が流行ったあたりがピークだったような気がする。
こっそり読むことができるので、大変お世話になっていた。

 

当時、NARUTOのカカシ先生が本気で好きだった私は、夜な夜なガラケーで好きな作風の夢小説を読み漁っていた。

 

今宵はようこそ〇〇の館へいらっしゃいました…。
アナタは〇〇番目のお姫様…

 


だいたい執事が謎のお出迎えをしてくれる。
(たまに鍵が掛けられているサイトもあり、一番下までスクロールするとメインキャラの誕生日がパスとおしえてくれたりする)

 

無事に館への入場が終わると
長編、短編、頂き物(リク)、キリ番と目次があり、自分好みのものを選ぶわけだが、よく見ると『裏夢』とか『微裏』とか『微甘』などと書かれている。


自分の好みの世界観で読み進めていくためには、この注意書きはとても重要だ。

例えば、『裏夢』なんて完全にヤっている描写のオンパレードである。

私の好きな〇〇のそんな厭らしい行為は見たくない!という人には、回れ右を促してくれる。
(私はGo Straightだったが)


だいたいの夢小説の主人公はめちゃめちゃ高スペックであることが多い。


背はそんなに高くなく、黒髪ロングの高校生。成績も良く、運動神経が抜群。クラスでは、実はモテているものの、大人しい性格で男子からの視線に気づいていない設定。

 

もしくは、

 

都内の会社に勤めるOL。
社内での成績も良く、これまた黒髪のロング。顔は可愛いのだが、ここ2年彼氏がいない。
唯一の趣味は、仕事から帰って好きな漫画を読むこと。(もちろん推しキャラあり)


だいたい主人公はこんな所で、ある日突然異世界へトリップしてしまうのだ。
(高校生は部活帰りに道に迷う、OLは漫画を読んでいて寝落ちしたらその世界に着いている)


そして、困っているところに出会い、声をかけてくるのが自分の推しキャラだ。


えっ…?もしかしてあなたは〇〇さん?!?!
ってことはここは〇〇の世界?!?!

 

 

おわかりいただけただろうか。
だいたい相場は決まっている。


実際に様々なジャンルのサイトを読み漁って得た、傾向と対策だ。
異世界に飛ばされ、カカシ先生と出会い、立派な忍となり、自分の世界に帰れる方法が見つかるが、カカシ先生と恋に落ちた主人公は先生と共に異世界に留まる選択をするというお話を何度経験したことか。

 

もう一度言うが、だいたい相場は決まっている。伊達に異世界に飛ばされていない。
(決してミズユキの好みを書き殴った訳ではないことをここに申し添えておく。)


時が経ち、スマホになり、いつしか夢小説など読まなくなっていた。
でもきっと作品は違えど、2000年代にオタクをしていた女性なら共感してもらえるはずだ。

 

 


次回、
「スネイプ先生に抱かれたい」お楽しみに
(そんなものはありません)