好きなものと時々日常。

ミズユキのブログです

【京都】森久保祥太郎を求めて

 

こんにちは、ミズユキです。

 

森見登美彦さん好きのアラサー独身オタクが京都へ聖地巡礼に行った話
京都一人旅、後編です。


前回のあらすじ(よまなくても大丈夫)


目次(2日目&3日目!)


2日目の朝、ゲストハウスの近くのお洒落なパン屋さんに惹かれてモーニングをいただいた。


ルバカサブル
京都市東山区西海岸子町51)

f:id:mizuuuyuki:20180607230251j:image
f:id:mizuuuyuki:20180607230305j:image
f:id:mizuuuyuki:20180607230238j:image

休みの日にいつもより少しだけ早く起きて、コーヒーを飲む。

一説によると、現在日本に3,689万人生息していると言われる、充実した休日をSNSであげがちな独身女がまた一人確認されたところで、本日の目的地へ向かう。

 


ここで、今回の京都旅の目的をおさらいしておくと、

①四畳半〜の聖地下鴨界隈を巡ること【済】
②人気声優も来た芸能神社を参拝すること
③薄桜鬼(乙女ゲー)の聖地巡礼をすること
④縁結びの寺社へ参拝すること【済】


①と④は1日目にコンプリート済みだ。
今日は②と③を達成しよう。

 


【有名人がお忍びで訪れる、芸の神様】

さて、嵐電に乗りこんで出発。
嵐山に向かうと見せかけ、途中で降りる。

 

車折神社
京都市右京区嵯峨朝日町23)

f:id:mizuuuyuki:20180607230455j:image

 

車折神社は芸能の神様をお祀りしていて、芸能人もお忍びで訪れるパワースポットだ。
境内には、多くの芸能人の玉垣が奉納されている。

 

話は脱線するが、私は根っからの男性声優オタクで、特に森久保祥太郎さんを大推ししている。


以前、その森久保さんがANIMAXの『声優だって旅します』という番組の中で、同じく声優の下野紘さん、梶裕貴さんと3人で京都に来ていた。その時、紹介されていたのが車折神社だった。

https://www.animax.co.jp/special/koetabi

 

森久保さん、下野さん、梶さんの玉垣を発見。

f:id:mizuuuyuki:20180607230626j:image
f:id:mizuuuyuki:20180607230618j:image

 

小野Dや近ちゃん、うたプリの上松さんの名前もあった。

f:id:mizuuuyuki:20180607230903j:image

 

オタクの鏡として、推しが健康でますます活躍できるように祈願してきた。

 

【縁結び率100%?!鈴虫寺

車折神社をあとにして、あらためて嵐山方面へ向かう。渡月橋を横目に見ながら、さらに嵐山からバスで10分。

f:id:mizuuuyuki:20180607231722j:image


華厳寺鈴虫寺
京都市西京区松室地家町31)

f:id:mizuuuyuki:20180607231646j:image

ここも縁結びで有名なパワースポットである。お参りすると、わらじを履いたお地蔵さまが願いを叶えに歩いてやってくるという。
(ここも混んでる時はかなり並びます)

 

まずは書院でお茶とお菓子を頂きながら、住職さんの説法をきく。
この住職さんのお話がめちゃめちゃ面白い。寺だとあなどるなかれ。まるで漫談がはじまったかのような雰囲気でお客さんの笑いをかっさらっていた。)
書院の中には鈴虫がたくさんいて、鈴の音色がたのしかった。


住職さんいわく、鈴虫寺はリピーターが多いのだそうだ。
願いが叶ったら、御守りを返しにくる→新しいお願いをする→叶う→またお礼にくる…のエンドレスらしい。

それくらい叶った人が多いということだ。

 

幸福地蔵さん。頼みますよ。

f:id:mizuuuyuki:20180607232126j:image

では・・・

 

(彼氏が出来ますように彼氏が出来ますように彼氏が出来ますように彼氏が出来ますように彼氏がで)
しっかりとお願いをしておいた。

 


新選組の聖地、壬生屯所旧跡 八木邸】

嵐山から四条大宮へ戻ってきた。
幕末の新選組の聖地へいざゆかん。

新選組といえば、そう、薄桜鬼である。
(薄桜鬼…2008年オトメイト発売の乙女ゲーム腐女子を大量生産した。)

前述した声優の森久保さんが、沖田総司役で出演している。


ちなみにTVアニメ版薄桜鬼の最終回はボロ泣きし、あまりの悲しさに二度と見ることが出来なくなった。
圧倒的名作。

 

壬生屯所旧跡(八木邸)
京都市中京区壬生梛ノ宮町24)

f:id:mizuuuyuki:20180607232335j:image

入場料を払えば、ガイドさんが中を案内してくれる。(抹茶とお菓子付き)

このガイドが結構おもしろく、土方歳三沖田総司らが芹沢鴨を暗殺した時にできた刀傷を見ることができた。
(幕末好きとしてはたまらない)

 

だって150年前に起きた歴史の大事件を生でみれるってよくかんがえたらすごくないですか????

 

ガイドの後は、八木邸のお隣が鶴壽庵という和菓子屋さんになっていて、そこで抹茶とお菓子を頂ける。

f:id:mizuuuyuki:20180607232934j:image

 

抹茶と屯所餅がこれまたウマかった。

てか抹茶ってうますぎん?

f:id:mizuuuyuki:20180607232557j:image

 

このあと三条の方へ移動し、久しぶりに京都のフォロワーさんに会い、パフェ専門店でお茶をした。(彼女も森久保さん繋がりの薄桜鬼ファンである)

 

腹減りすぎてパフェ頼まずにジェノベーゼ頼む私。
(なんだかずっと緑のモノばっか食ってんな。)

f:id:mizuuuyuki:20180607233054j:image

今度はちゃんとパフェを食べたい。


3日目の朝、大大大満足で京都旅を終え、帰路に着いた。


今回思ったのは、友だちと行くのもいいけど、一人で旅するのって気楽でやっぱ最高最高最高〜!!!!って感じだった。
次はどこへ行こうか。。

 

 

 


突然だが、最後に私がリスペクトするアニメ、攻殻機動隊の少佐のセリフで締めるとしよう。

 

「今度は何処に行こうかしら、ネット(世界)は広大だわ。」

 

もしかしたら少佐もオタクで、一人旅が好きなのかもしれない。(違う)