好きなものと時々日常。

ミズユキのブログです

【日常】オタクのツイッターのありがちな話

こんにちは、ミズユキです。

 

 


ツイッターをやっている。

 

f:id:mizuuuyuki:20180601003543p:image

 

オタクをやっている人は、ほぼツイッターをやっているといっても過言ではない。

 

公式からの情報はもちろん、キャストやスタッフの呟きから、絵師さん職人さんの作るファンアート、そしてファン同士の交流が自由にできる。また、チケットやグッズの交換も探すことができる。

 

そして、友人用、学校用、趣味用、愚痴用…などと複数のアカウントを持っている人も珍しくないし、偽名なんてザラである。

 

 

ミズユキも例に漏れず、そのパターンである。ツイッター界に身を置き、もう6年ほどになるが、ずっと気になっていたことを今回述べていこうと思う。

 

 

 

オタクのツイッターあるある①

リアルとオタクの垢の違い

 


リアルの垢では、だいたいテストだるいとか、バイト辞めたいとか、仕事行きたくないと呟き、

 

女ならスタバか、彼氏の手だけ写った写真か、海の前で佇む後ろ姿(花畑の前で佇むパターンもある)の写真上げ、男なら飲み会かフットサルの写真をアップする。

 

 

 

一方、オタク垢ではだいたい次のような呟きが溢れている。

 

 

は????今日の〇〇可愛すぎてつら、、よし、もっかいみてくる←

ガチャURきたああああ!!2万課金した成果!!!!

ちょっまって…新作きた…何ロット予約すれば??

だれか〜!チケ協力求む〜〜!

 

 


重症の場合は、

 

しんだ

むり

つら

???????

これは夢??????

 


と、だいたい生きるのを放棄するか、急に偏差値が5になるパターンである。

 

 

もしくは、「しんだ〇〇」「大勝利した〇〇」などと、ツイッター名やアイコンごと変わり、全身で喜びを表現するケースもある。

 

 

 

写真は当然、推しのスクショかグッズかイラストばかり。海ではなく聖地をバックに写っているのは推しのぬいぐるみ(自作コス着用)である。

 

 

 

 

オタクのツイッターあるある②
呼びタメおっけーの謎了承


これは若い女の子に多い傾向と言えるが、新しくフォローした時、発せられる呪文である。これを唱えずに、うっかりタメ口でもきこうものなら出会って秒でマイナス1000ポイントである。

 

 

いいですか、「呼びタメおっけー👌」と唱えるだけであら不思議、次の会話から距離がぐっと縮まります。

 

ここでありがちなのが、しばらく話していないと久しぶりにリプ来た時にタメOKだったか忘れてしまい、結果敬語に戻り、変な空気になることだ。

 

さらにありがちなのが、呼びタメおっけーで初めて対面で会った時に、思ったより相手との年齢差があることに気づいて、(もしくは人見知りが発動し)ツイッターではタメで話してたのに、急に敬語になってしまう事例もある。

 

 


オタクのツイッターあるある③
かまってタグを投げ合う風潮

 

ツイッターにはタグ付けというものがあるが、かまってタグとは例えば、

 

#引用RTでわたしのことどうおもってるか言う
#私に実際に会ってみたいと思う人はいいね

 

など、フォロワーに絡んで欲しい時に使われるタグだ。

 

実は、私は非常〜〜〜〜にこのタイプのタグが苦手である。


自分がやるのも見るのも苦手である。
否、自分はやらない。

 

 

もし、仮に置いて誰も反応が来なかったらどうするのだ。そっとツイ消しするのか?

 

 

まだいいねはわかる。RTは知らん人のイメージが知らん人から回ってくるのだ。意味不明の何者でもない。

 

 

 


ここまで書いているとオタクのツイッターをバカにしているように思えるが、決してそうではない。とてもとてもお世話になっている。私自身もオタクの一員であり、今もツイッター界で息をしている。まだ追放されたくはない。

 

 

 

今日も推しが美しい。

f:id:mizuuuyuki:20180601003205j:image