好きなものと時々日常。

ミズユキのブログです

【レポ】匿名ラジオイベントに行ってきた話

 

こんにちは、ミズユキです。

 

 

先週の日曜のことである。

 


渋谷ロフトナインで開催されたwebメディアオモコロの匿名ラジオの100回記念イベントに行ってきた。

 

f:id:mizuuuyuki:20180530232859j:image

 


はてブロ超人気ブロガーのARuFaさんと小説家のダ・ヴィンチ・恐山さんがパーソナリティを務めるラジオで、チケットは発売後すぐに完売。ツイッターでもチケットを求める人が続出していた。

 


ARuFaさんといえば、自宅のシャワーを美少女にしたり、ケツにプロジェクションマッピングをしたり、最近は自分のキャラソンを作ってしまうなど、奇想天外で有名な方である。
ちなみにライターのヨッピーさんは「ARuFaは日本のインターネットが生み出した奇跡」と絶賛している。

 


恐山さんはコラム執筆や、小説家として活動しており、著書「止まりだしたら走らない」、「名称未設定ファイル」などを出版している。
一般的にARuFaさんの方が強烈に思われがちであるが、意外と恐山さんの方がポンコツだったりする。(ミズユキ調べ)

 

 

 

満員のお客さんで埋まる会場。若い女の子が多く、男性の姿もちらほらみえた。
ビールを片手に後ろの方へ座った。

 

二人が登壇し、イベントスタート。
歓声の凄さに圧倒される。
全貌は言えないため、ここからはミズユキの心に残った場面を挙げていく。

 

 

 

〇お互いの自己紹介コーナーにて


1.ARuFaへの質問「もしまほうがつかえたら?」

 

f:id:mizuuuyuki:20180530232952j:image

 

クソリプ送った奴の元に瞬間移動してkiss」

 

 

 

むしろ殴られた方がマシである。

 

 

2.恐山への質問「今だから言える話」

 

f:id:mizuuuyuki:20180530233239j:image

 

「ガムはのむ」

 

 

恐山さんの体の中にはガム室なるものがあるらしく、そこに蓄積されているそうだ。

 

 


〇収録風景にて
かんちさん扮する敏腕Pと三人で収録に臨むのであるが、熱血Pがさらに熱くなり、ついに裸になってしまう。磨りガラスごしにも美尻がよくわかる瞬間があった。


喧嘩してしまった匿ラジの二人が仲直りするところも見所である。

 

 

f:id:mizuuuyuki:20180530233921j:image

 

 

サプライズプレゼントに恐山さんがARuFaさんに送ったのはテレビ台の引き出しにギチギチに敷き詰められたいなり寿司であった。

 

 


〇街角意識調査にて


圧倒的恐山の多さに笑った。

 

f:id:mizuuuyuki:20180530234100j:image

 

 

理由

f:id:mizuuuyuki:20180530235438j:image

 

 

裸でピアノを弾いてそうはめちゃくちゃわかる。10代女性、なかなかいいセンスである。そしてそのピアノをしもべたちが裸で踏まれながら聴いてる、確実に。

 

 

 

〇検証ARuFaはバカ?にて
教員免許を持っているARuFaさんだが、珍回答の多さに、ボケなのかガチのバカなのかだんだんわからなくなる。

 

因数分解の問題

f:id:mizuuuyuki:20180530234213j:image

 

トントンにした結果

 

回答

f:id:mizuuuyuki:20180530234254j:image

 


結論、バカであった。

 

 

 

このあと休憩に入るが、事件が起こる。

 

f:id:mizuuuyuki:20180530235512j:image


突然のけいおん平沢唯ちゃんの登場。

原宿編集長、加藤さん、恐山さんがサイリウムを持って登場し、会場は一気にライブモードへ!
ありそうで存在しない曲「ちょうどあいす」を歌いきって帰っていった唯ちゃん。

 

自分のキャラソン歌えよ!と恐山さん。
(ほんとそれな)

 

 

 

この後、公開録音をしイベントは終了。
(近日公開されるためネタバレなし)

↓5/31追記 公開されました↓

 


イベント中は終始笑いが起き、飽きのこないイベントであった。大喜利のような掛け合いがあり、書ききれないほど小ネタもたくさんあった。


ARuFaさんが、ざけんな!キッズウォーと叫び、ハマって最終的には3まで進んでいた。

 

 

 

 

イベント終了後は、物販と写真撮影があり、ミズユキも撮ってもらった。

 

サイン入りポスター(1300円)を購入。
オモコロTシャツも販売されていた。

 

f:id:mizuuuyuki:20180530234539j:image

 

 

写真は加藤さん原宿さんにもお願いして一緒に撮っていただいた。(手を止めさせてしまい申し訳ありませんでした)

 

ARuFaさん恐山さんにはフュージョンをお願いしたものの、後で写真を見返すとぐっちゃぐぢゃのポーズになっていた。

 

 

 

帰り際、客で来ていた女の子たちから囲まれていたビットさん(ARuFaさんのご友人)をお見かけしたが、ヒヨりすぎて声を掛けられず、横目に見ながら会場を後にしたのであった。